作品紹介

公開予定

[字幕]MET プーランク 「カルメル会修道女の対話」

[Sub]Poulenc <Dialogues des Carmelites>

(C)Ken Howard/Metropolitan Opera

監督 ジョン・デクスター (演出)
キャスト イザベル・レナード/カリタ・マッティラ/エイドリアン・ピエチョンカ/エリン・モーリー/カレン・カーギル/ドゥウェイン・クロフト/デイヴィッド・ポルティッヨ
レイティング
製作国 フランス
本編時間 195
字幕・吹替 METライブビューイング
上映情報 2019年6月7日(金)〜6月13日(木) 1週間限定公開
【松竹:配給作品】

特別料金:一般 3,600円 学生 2,500円
※各種スペシャルプライス・割引 適用不可

【前売券】
 2018年8月3日(金)発売 ムビチケカード
 3枚セット券 9,300円 (3,100円×3枚)
 前売特典:なし
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

フランス革命に翻弄された修道女たちの生と死! プーランクの透徹した音楽がえぐる衝撃の史実!

人間とは何か、信仰とは何か、生きるとは、死ぬとはどういうことか…
フランス革命末期の暴力の嵐に巻き込まれた修道女たちの実話が、20世紀フランスの俊才プーランクの鮮やかな音楽で感動的なオペラへと生まれ変わった!
MET新音楽監督ネゼ=セガンの渾身の指揮に応えるのは、ベテランのK・マッティラから旬を迎えたI・レナードまで粒よりの歌手陣。
言葉を、魂を奪われる衝撃のラストが、あなたの人生を変える。オペラは、ここまで、できるのだ。


18世紀末、フランス革命の激動に揺れるパリ。
ド・ラ・フォルス侯爵家の娘ブランシュは、極端に神経質なため俗世間では生きていけないと、コンピエーニュにあるカルメル会の修道院に入る。
だが革命政府は修道院の解散と建物の売却を決め、司祭も追放された。
修道女たちは殉教を決意するが、怯えたブランシュは修道院から逃げ出す。潜伏してひそかに信仰を守っていた修道女たちは捕らえられ、死刑の宣告を受けた。
ひとりひとり断頭台に上る修道女たち。その時、群衆のなかからブランシュが現れる。

  • 12/13
  • 12/14
  • 12/15
  • 12/16
  • 12/17
  • 12/18
  • 12/19

2018 12/13 (木)

上映時間はまだ決まっておりません