作品紹介

公開予定

日本のいちばん長い日

©1967 東宝

監督 岡本喜八
キャスト 三船敏郎/笠智衆/山村聡/黒沢年男/佐藤充/中丸忠雄/加東大介/小林桂樹
レイティング
製作国 日本
本編時間 157
字幕・吹替 邦画
上映情報 <午前十時の映画祭10-FINAL>
2019年6月28日(金)〜7月11日(木) 2週間限定公開
【川喜田記念映画文化財団:配給】

※特別料金:一般 1,100円
      学生 500円
      障害者手帳をお持ちの方 1,000円
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

『シン・ゴジラ』にも影響を与えたオールスター大作


大宅壮一名義(実際の著者は当時編集者だった半藤一利)で当時の政治家宮内省関係、元軍人や民間人から収録した実話を編集した同名原作を、「上意討ち −拝領妻始末−」の橋本忍が脚色し、「殺人狂時代」の岡本喜八が監督した終戦秘話。撮影は「喜劇 駅前競馬」の村井博。


8月14日の御前会議で天皇陛下は終戦を決意され、正式にポツダム宣言受諾が決まった。
この間、終戦反対派の陸軍青年将校たちは秘かにクーデターを計画していたが、阿南陸軍大臣は御聖断が下った以上、それに従うべきと諭した。
14日の午後1時には閣議が開かれ、陛下の終戦詔書を宮内省で録音し、翌8月15日の正午、全国にラジオ放送することが決定。14日の晩午後11時50分、陛下の録音は宮内省2階の御政務室で行われたが――。


内閣、官邸、宮内省、陸軍、海軍、日本放送協会など、各関係者の動きがパノラミックに描かれる。

  • 04/23
  • 04/24
  • 04/25
  • 04/26
  • 04/27
  • 04/28
  • 04/29

2019 04/23 (火)

上映時間はまだ決まっておりません