作品紹介

公開予定

シネマ歌舞伎 グランドシネマ 「日本橋」

Cinema Kabuki NIHONBASHI

(C)松竹株式会社

監督
キャスト 坂東玉三郎/高橋恵子/松田悟志/藤堂新二/斎藤菜月/江原真二郎/永島敏行
レイティング
製作国 日本
本編時間 147
字幕・吹替 シネマ歌舞伎
上映情報 2019年8月23日(金)〜8月29日(木) 1週間限定公開
【松竹:配給作品】

特別料金:一般・シニア 2,100円
     学生・小人・障害者手帳をお持ちの方 1,500円
※松竹株主優待カードの利用:可


【前売券】
 2019年1月12日(土)発売 ムビチケカード
 3枚セット券 5,400円
 ※特典は終了しています
 ※ご購入当日にはご利用いただけませんので、事前にお求めく
  ださい。
 ※2019年4月〜2020年2月に上映される《月イチ歌舞伎》すべ
  ての作品にご利用いただけます。
  (『鷺娘 / 日高川入相花王』にもご利用いただけますが差額
  分のご返金はできませんのでご了承ください。)
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

玉三郎が手掛けた『日本橋』が待望の映画化。完売御礼の人気公演をスクリーンで!
姉の俤(おもかげ)を追う男と、二人の芸者の物語。激しく絡み合いすれ違う男女は、悲劇の結末へと導かれていく・・・


『日本橋』は昭和の文豪・泉鏡花が大正三年に小説として発表し、のちに自ら戯曲化するほど鏡花自身が愛していた作品です。坂東玉三郎が齋藤雅文と共に新たな演出を考案、そして実に二十五年ぶりにお孝役に臨みました。平成24年の上演時には満員御礼となったこの人気公演が待望の映画化。玉三郎自ら映像制作に参加し、隅々までこだわりぬいた作品に仕上がっています。あくなき探究と研鑽を積み重ね、芸と美を兼ね備えた坂東玉三郎ならではの『日本橋』にどうぞご期待ください。


大正のはじめ、日本橋には指折りの二人の名妓がいた。稲葉家お孝と、瀧の家清葉である。
しかしその性格は全くの正反対で、清葉が品よく内気なのに引き替え、お孝は達引の強い、意地が命の女だった。
医学士葛木晋三は清葉に姉の俤(おもかげ)を見て、雛祭りの翌日に七年越しの想いを打ち明けた。しかし清葉は、ある事情で現在の旦那以外に男は持たないと固く誓った身のため、葛木の気持ちはよく分かりながらも、拒んでしまう。
葛木は傷心の別れの後、雛祭に供えた栄螺(さざえ)と蛤を放つために一石橋へ向かった。そこで偶然お孝と出会い、お孝は清葉と葛木の関係を知りながら進んで葛木に身を任せ二人は馴染みになった。
これは清葉に対する意地だった。しかし、お孝には、腐れ縁の情婦・五十嵐伝吾がいた。それぞれの境遇や胸のうちを抱えながら、お互いに惹かれあうが...

  • 06/19
  • 06/20
  • 06/21
  • 06/22
  • 06/23
  • 06/24
  • 06/25

2019 06/19 (水)

上映時間はまだ決まっておりません