作品紹介

公開予定

シネマ歌舞伎「熊谷陣屋」

監督
キャスト 中村吉右衛門
レイティング
製作国 日本
本編時間 0
字幕・吹替 シネマ歌舞伎
上映情報 2021年11月19日(金)〜11月25日(木) 1週間限定公開
【松竹:配給】
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

戦の世の無常と、人生の儚さ。
生きる意味を問う古典歌舞伎の名作。

「平家物語」を題材にした『一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)』は、1751年に人形浄瑠璃として初演され、翌年、歌舞伎になりました。
全5段の物語の中で『熊谷陣屋(くまがいじんや)』は3段目にあたります。 源平合戦のさなか、源氏の武将・熊谷直実(くまがいなおざね)は平家の若武者・平敦盛(たいらのあつもり)を討ちました。実は敦盛は後白河法皇(ごしらかわほうおう)の子であり、その母・藤の方は、かつて熊谷を救った恩人でありました。生田の森の熊谷の陣屋に、主君源義経(みなもとのよしつね)が来訪。敦盛の首実検が行われることとなります...。

大義の前には、わが子の命さえも犠牲にするのが武士の社会でした。しかし、豪毅な武士といえども子を討った悲しみは重く、直実が小次郎の首に驚く相模と藤の方を制する「制札の見得(せいさつのみえ)」には、その苦悩が表れています。戦の世の無常、人生の儚さが胸をうつ、重厚な義太夫狂言の名作です。
初代吉右衛門の当たり役の一つであった熊谷直実を吉右衛門、相模に藤十郎、義経に梅玉、藤の方に魁春、堤軍次(つつみのぐんじ)に又五郎、弥陀六(みだろく)に2011年1月に逝去した富十郎と、歌舞伎座さよなら公演最後の月ならではの豪華出演者です。

あらすじ

熊谷直実は一の谷の合戦で平敦盛を討ち取り、陣屋に戻ってくる。直実は妻の相模と敦盛の母・藤の方に敦盛討死の様子を語り、敦盛の首の検分に備える。やがて主君の源義経が現れ、直実は首を差し出すが、その首は何と直実の息子・小次郎の首...。
直実は敦盛を救うため、同じ年齢のわが子を身替りにしたのである。直実は悲しみをこらえ、驚き取り乱す相模と藤の方を制する...。
敦盛を救う務めを果たした直実は暇を願い、「十六年は一昔、夢だ夢だ」と涙ながらにわが子の短い人生を嘆き、世の無常を悟って、出家する。

  • 09/25
  • 09/26
  • 09/27
  • 09/28
  • 09/29
  • 09/30
  • 10/01

2021 09/25 (土)

上映時間はまだ決まっておりません