作品紹介

上映中

左様なら今晩は

(C)2022 山本中学・少年画報社/「左様なら今晩は」製作委員会

監督
キャスト
レイティング
製作国 日本
本編時間 98
字幕・吹替 邦画
上映情報 2022年11月11日(金)公開
【パルコ:配給作品】

上映終了日:12月1日(木)
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

「サブスク彼女」などで若者を中心に人気を集める漫画家・山本中学による同名コミックを実写映画化。ごく普通で不器用なサラリーマンとウブでピュアな幽霊の奇妙な共同生活を描く、ハートフルで少し切ないラブストーリー。

同棲していた恋人に振られた陽平のもとに、愛助(アイスケ)という名の女性の幽霊が現れる。ずっと部屋に住んで陽平のことを観察していたという愛助は、「優しいふりして面倒なことから逃げているから、恋人にも逃げられた」と、いきなり上から目線でダメ出しをしてくる。そうかと思えば、生きている間に恋愛を経験しなかったという愛助は、男女が付き合うことに興味津々で、陽平を毎日質問攻めにしてくる。最初は煙たがり何とかして愛助を除霊しようとした陽平だったが、人間の女の子と変わらない愛助との時間に、次第に居心地の良さを感じ始め……。

愛助役をこれが映画初出演で初主演となる「乃木坂46」の久保史緒里が務め、陽平役は映画「十二人の死にたい子どもたち」、ドラマ「美しい彼」などで活躍する若手俳優の萩原利久が担当。

  • 12/03
  • 12/04
  • 12/05
  • 12/06
  • 12/07
  • 12/08
  • 12/09

2022 12/03 (土)

上映時間はまだ決まっておりません