作品紹介

公開予定

[字幕]ウォレスとグルミット

[Sub]WALLACE AND GROMIT

DIRECTED AND WRITTEN BY NICK PARK © 1989 ©Ardman Animations

監督
キャスト
レイティング
製作国 イギリス
本編時間 0
字幕・吹替 字幕
上映情報 <午前十時の映画祭12>
2022年12月30日(金)〜1月12日(木) 2週間限定公開
【川喜田記念映画文化財団/映画演劇文化協会:配給】

特別料金:一般 1,500円、大学生・高校生 1,000円、その他券種は通常料金
※招待券・無料鑑賞使用:不可
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

-解説-
英国のアニメーション工房・アードマン・アニメーションズ制作、ニック・パークが監督した世界中で大人気のクレイ・アニメーションの短編3本を一挙上映。おとぼけ発明家のウォレスと愛犬グルミットが活躍する物語は、いずれもヘンテコなメカや仕掛け、英国調のユーモアが満載。スピード感溢れるカーチェイスなど、アクションもたっぷり。

-物語-
【ウォレスとグルミット チーズ・ホリデー】(89年/24分):週末の旅行を考えていたウォレスとグルミットは、大好物のチーズで出来たお月様へ行くことに決定。早速ロケットを作って出発するー。
【ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!】(93年/30分):ウォレス家に下宿するペンギンのフェザー・マッグロウは指名手配犯だった。宝石を盗むため、マッグロウは博物館に忍び込むー。
【ウォレスとグルミット 危機一髪!】(95年/30分):新たなメカで窓ふきサービスを始めたウォレスだったが、お客さんである毛糸屋のウェンドレンに恋してしまい―。

-こぼれ話-
今回上映の短編3本と『ベーカリー街の悪夢』(08)の計4作品は、すべてアカデミー賞・短編アニメーション賞候補となり、『ペンギンに気をつけろ!』と『危機一髪!』が受賞を果たした。初の長編『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』(05)も長編アニメーション賞を受賞。『ベーカリー街』の後、ウォレスの声優ピーター・サリスは療養生活に入っていたが、2017年に96才で死去。続編制作が危ぶまれていたが、去る1月、2024年の新作公開が発表された。

  • 12/03
  • 12/04
  • 12/05
  • 12/06
  • 12/07
  • 12/08
  • 12/09

2022 12/03 (土)

上映時間はまだ決まっておりません