作品紹介

上映中

[字幕]キャバレー

[Sub]CABARET

Images courtesy of Park Circus/Walt Disney Studios

監督
キャスト
レイティング
製作国 アメリカ
本編時間 123
字幕・吹替 字幕
上映情報 <午前十時の映画祭12>
2023年1月27日(金)〜2月9日(木) 2週間限定公開
【川喜田記念映画文化財団/映画演劇文化協会:配給】

特別料金:一般 1,500円、大学生・高校生 1,000円、その他券種は通常料金
※招待券・無料鑑賞使用:不可
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

-解説-
「ピピン」「シカゴ」など、ブロードウェイ・ミュージカルの演出家、振付師として名高かったボブ・フォッシーが、映画監督として初の大成功を収めたミュージカル・ドラマ。アカデミー賞では、フォッシーの監督賞、主題歌「キャバレー」を熱唱したライザ・ミネリの主演女優賞、ジョエル・グレイの助演男優賞ほか8部門を受賞した。

-物語-
1931年、ナチズムが台頭してきたベルリン。アメリカ人のサリー(ライザ・ミネリ)は、毎晩小さなキャバレー「キットカット・クラブ」で唄い、いつかスターになる日を夢見ていた。ある日、ロンドンからやって来たブライアン(マイケル・ヨーク)がアパートの隣の部屋に越してくる。自由奔放な性格のサリーとは反対に、博士号を取得するまでの間、英語を教えて生計を立てようとしていた真面目なブライアン―二人はいつしか愛し合うようになる―。

-こぼれ話-
本作でアカデミー賞を受賞したジェフリー・アンスワースは、英国映画界屈指の名カメラマンだった。1940年代から撮影監督として名を成し、低予算作品から史劇大作まで数多くの作品を手掛けた後、映画史上の傑作『2001年宇宙の旅』(68)を担当。以後『オリエント急行殺人事件』(74)、『遠すぎた橋』(77)、『スーパーマン』(78)などの話題作、大作を手掛けたが、『テス』(79)の撮影中、心臓発作により64才で死去。同作で2度目のアカデミー賞を受賞した。

2023 02/04 (土)

…販売中…残りわずか…WEB販売対象外(販売前 or 販売終了)…窓口販売のみ

[字幕]キャバレー

[Sub]CABARET

<午前十時の映画祭12>
2023年1月27日(金)〜2月9日(木) 2週間限定公開

特別料金:一般 1,500円、大学生・高校生 1,000円、その他券種は通常料金
※招待券・無料鑑賞使用:不可

10:00〜12:10

スクリーン10

販売終了