作品紹介

公開予定

[字幕]レナードの朝

[Sub]AWAKENINGS

© 1990 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

監督 ペニー・マーシャル
キャスト ロバート・デ・ニーロ/ロビン・ウィリアムズ
レイティング
製作国 アメリカ
本編時間 0
字幕・吹替 字幕
上映情報 <午前十時の映画祭12>
2023年2月10日(金)〜2月23日(木) 2週間限定公開
【川喜田記念映画文化財団/映画演劇文化協会:配給】

特別料金:一般 1,500円、大学生・高校生 1,000円、その他券種は通常料金
※招待券・無料鑑賞使用:不可
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

-解説-
ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズ、名優同士の共演による実話を元にした医療ドラマ。
難病に苦しむ患者たちに起きた奇跡的な出来事と、彼らの治療に精魂を傾けた医師の姿を描く。『ビッグ』の女性監督、ペニー・マーシャルの代表作であり、アカデミー賞では作品賞、デ・ニーロの主演男優賞、脚色賞にノミネートされた。

-物語-
1969年、NYブロンクス。慢性神経病の専門病院にセイヤー医師(ロビン・ウィリアムズ)が赴任してきた。当初、患者たちへの接し方に苦労したセイヤーだったが、さまざまな訓練療法を施した結果、次第に効果が現れ始めていた。最も重症の患者は、30年前に入院して以来、半昏睡状態で寝たきりの生活をおくるレナード・ロウ(ロバート・デ・ニーロ)だった。セイヤーはまだ公式に認められていない新薬を使い、レナードの機能回復を試みるが―。

-こぼれ話-
脚本家スティーヴ・ザイリアンは、本作でオスカー候補になった後、『ボビー・フィッシャーを探して』(93)で監督デビュー。同年スピルバーグ監督『シンドラーのリスト』(93)でアカデミー賞・脚色賞を受賞。以降、『今そこにある危機』(94)、『ハンニバル』『ギャング・オブ・ニューヨーク』(01)、『アメリカン・ギャングスター』(07)、『マネーボール』『ドラゴン・タトゥーの女』(11)、『アイリッシュマン』(19)など、大作、話題作の脚本を手掛けている。

  • 02/04
  • 02/05
  • 02/06
  • 02/07
  • 02/08
  • 02/09
  • 02/10

2023 02/04 (土)

上映時間はまだ決まっておりません