作品紹介

上映中

[字幕]ブルックリンでオペラを

[Sub]She Came to Me

監督 レベッカ・ミラー
キャスト アン・ハサウェイ
レイティング
製作国 アメリカ
本編時間 102
字幕・吹替 字幕
上映情報 2024年4月5日(金)公開
【松竹:配給作品】
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

アン・ハサウェイ、ピーター・ディンクレイジ、マリサ・トメイら実力派キャストの共演で、ニューヨークに暮らす夫婦の人生が、ある出会いをきっかけに変化していくさまを描いたロマンティックコメディ。

ニューヨーク、ブルックリンに暮らす精神科医のパトリシアと、現代オペラ作曲家のスティーブンの夫婦。人生最大のスランプに陥っていたスティーブンは、愛犬との散歩先のとあるバーで、風変わりな船長のカトリーナと出会う。カトリーナに誘われて船に乗り込んだスティーブンを襲ったある事態により、夫婦の人生は劇的に変化していく。

プロデューサーも務めるアン・ハサウェイがパトリシア役を演じ、スティーブン役は「ゲーム・オブ・スローンズ」のピーター・ディンクレイジが担当。オスカー女優のマリサ・トメイがカトリーナ役を務めた。ブルース・スプリングスティーンによる主題歌が第81回ゴールデングローブ賞歌曲賞にノミネートされた。監督は「50歳の恋愛白書」のレベッカ・ミラー。

2024 04/17 (水)

…販売中…残りわずか…WEB販売対象外(販売前 or 販売終了)…窓口販売のみ

[字幕]ブルックリンでオペラを

[Sub]She Came to Me

08:30〜10:20

スクリーン07

販売終了

15:50〜17:40

スクリーン01

購入する