作品紹介

公開予定

ゲキ×シネTIME「髑髏城の七人〜アカドクロ」

(C)Village Inc. All rights reserved.

監督 演出・いのうえ ひでのり
キャスト 古田新太/水野美紀/佐藤仁美/坂井真紀/橋本じゅん/佐藤正宏/山本亨/梶原善
レイティング
製作国 日本
本編時間 160
字幕・吹替 ゲキ×シネ
上映情報 2019年3月6日(水) 19:00 公開
【ヴィレッヂ / ティ・ジョイ:共同配給】

特別料金:一般 1,800円
     ヤングチケット(22歳以下) 1,000円
     シニア料金(60歳以上) 1,000円
     障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名まで) 1,000円
※各種招待券や割引券・サービスプライスは適用不可。
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

いのうえ歌舞伎の真骨頂!
シンプル&ソリッドな『アカドクロ』

“いのうえ歌舞伎”の代表作として挙げられることの多い『髑髏城の七人』。
1990年の初演以降7年毎に再演をくり返し、そのつど劇団☆新感線のターニングポイントと重なり合うことで半ば伝説と化した。
2004年には春にアカドクロ(主演・古田新太)、秋にアオドクロ(主演・市川染五郎)と題して、同タイトル・同作家・同演出家により、キャストのみ替えての二公演春秋連続上演を行い、業界を超えて話題を呼んだ。
この『髑髏城の七人』(アカドクロ)の映像化にあたっては、イーオシバイが『阿修羅城の瞳(2003)』DVDをはじめとする演劇映像の製作で培ったクリエィティビティと経験をフル活用し、圧倒的な迫力の舞台を、新たな映像エンタテインメント作品として飛躍させた。

舞台を観た方にも納得頂けるクオリティ、舞台を観られなかった方にも楽しんで頂けるライブ感、そして、これまで演劇に触れたことがない方にも喜んで頂ける映像ならではの鮮烈なイメージが融合し、これまでにない新しい表現<ゲキ×シネ>がここに誕生した。


奇しき縁にあやつられ、時代の裂け目に現れた名も無き七人の戦いが、今始まる。

時に天正十八年、織田信長が倒れ、はや八年。
天下統一は豊臣秀吉の手でなされようとしていた。唯一関東を除いては。
黒甲冑身を包んだ武装集団“関東髑髏党”の首魁、自らを“天魔王”と名乗る仮面の魔人とその拠城―“髑髏城”。
彼らの支配下にある関東平野に、奇しき縁にあやつられるかのように集まる者たちがいた─。

  • 12/13
  • 12/14
  • 12/15
  • 12/16
  • 12/17
  • 12/18
  • 12/19

2018 12/13 (木)

上映時間はまだ決まっておりません