作品紹介

公開予定

[字幕]ニュー・シネマ・パラダイス(PG12)

[Sub]NUOVO CINEMA PARADISO

© 1989 CristaldiFilm

監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
キャスト フィリップ・ノワレ/ジャック・ペラン/サルバトーレ・カシオ/マルコ・レオナルディ
レイティング PG12
製作国 イタリア/フランス
本編時間 124
字幕・吹替 字幕
上映情報 <午前十時の映画祭10-FINAL>
2019年8月9日(金)〜8月22日(木) 2週間限定公開
【川喜田記念映画文化財団:配給】

※特別料金:一般 1,100円
      学生 500円
      障害者手帳をお持ちの方 1,000円
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

そのメロディを聴いただけで涙があふれ出す


映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。
彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。

サルヴァトーレ“トト”は母と妹の三人暮らし。母親に頼まれたお使いのお金をくすねては映画館にもぐり込む映画好きだった。
トトの憧れは映写技師のアルフレード。映写室に入ってみたいトトはいつもアルフレードに追い返されていた。
だが、ふたりの間にはいつしか年の差を超えた友情が芽生える。
映写室に入ることを許されたトトは、フィルムの切れ端を宝物のように集め始める――。


シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。
映画を観る楽しさ、作る喜びが全編に溢れる感動のドラマ。巨匠エンニオ・モリコーネ作曲の甘く切ないメロディが涙を誘う。
アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。

  • 05/20
  • 05/21
  • 05/22
  • 05/23
  • 05/24
  • 05/25
  • 05/26

2019 05/20 (月)

上映時間はまだ決まっておりません