作品紹介

上映中

映画 蜜蜂と遠雷

(C)2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

監督 石川慶
キャスト 松岡茉優/松坂桃李/森崎ウィン/鈴鹿央士/臼田あさ美/ブルゾンちえみ/福島リラ/アンジェイ・ヒラ/斉藤由貴/鹿賀丈史
レイティング
製作国 日本
本編時間 119
字幕・吹替 邦画
上映情報 2019年10月4日(金)公開
【東宝:配給作品】

日本語字幕付き上映期間:10月19日(土)〜10月22日(火・祝)

※本上映は、耳の不自由な方に映画を楽しんでいただけるよう「日本語字幕付き」で上映致します。
※セリフやさまざまな効果音などが画面に字幕で表示され、より多くの方に映画をお楽しみいただけます。
※どなたでもご鑑賞いただけます。
※内容は通常版と変わらず、音声も出力されます。
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?


直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を、松岡茉優、松坂桃李、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンら共演で実写映画化。


ピアノの天才たちが集う芳ヶ江国際ピアノコンクールの予選会に参加する若き4人のピアニストたち。
母の死をきっかけにピアノが弾けなくなったかつての天才少女・栄伝亜夜は、7年の時を経て再びコンクールへの出場を決意する。
音大出身だが現在は楽器店で働くコンクール年齢制限ギリギリの高島明石は、家族の応援を背に最後の挑戦に臨む。
名門ジュリアード音楽院在籍中で完璧な演奏技術と感性を併せ持つマサル・C・レビ=アナトールは、優勝候補として注目されている。
そして、パリで行われたオーディションに突如現れた謎の少年・風間塵は、先ごろ亡くなった世界最高峰のピアニストからの「推薦状」を持っており、そのすさまじい演奏で見る者すべてを圧倒していく。
熱い戦いの中で互いに刺激しあい、それぞれ葛藤しながらも成長していく4人だったが……。


松岡が亜夜を演じるほか、松坂桃李が明石、森崎がマサルに扮し、映画初出演の新星・鈴鹿央士が塵に抜てきされた。
監督・脚本は「愚行録」の石川慶。

2019 10/17 (木)

…販売中…残りわずか…WEB販売対象外(販売前 or 販売終了)…窓口販売のみ

映画 蜜蜂と遠雷

日本語字幕付き上映期間:10月19日(土)〜10月22日(火・祝)

※本上映は、耳の不自由な方に映画を楽しんでいただけるよう「日本語字幕付き」で上映致します。
※セリフやさまざまな効果音などが画面に字幕で表示され、より多くの方に映画をお楽しみいただけます。
※どなたでもご鑑賞いただけます。
※内容は通常版と変わらず、音声も出力されます。

09:15〜11:25

スクリーン09

販売終了

14:00〜16:10

スクリーン09

販売終了

16:20〜18:30

スクリーン04

販売終了

18:45〜20:55

スクリーン06

販売終了