作品紹介

公開予定

シネマ歌舞伎「廓文章 吉田屋」

Cinema Kabuki KURUWABUNSHOU YOSHIDAYA

監督
キャスト 片岡仁左衛門/坂東玉三郎/坂東巳之助/大谷桂三/澤村由次郎/片岡秀太郎/片岡我當
レイティング
製作国 日本
本編時間 80
字幕・吹替 シネマ歌舞伎
上映情報 2020年1月3日(金)〜1月23日(木) 3週間限定公開
【松竹:配給作品】

特別料金:一般・シニア 2,100円
     学生・小人・障害者手帳をお持ちの方 1,500円
※松竹株主優待カードの利用:可


【前売券】
 2019年1月12日(土)発売 ムビチケカード
 3枚セット券 5,400円
 ※特典は終了しています
 ※ご購入当日にはご利用いただけませんので、事前にお求めく
  ださい。
 ※2019年4月〜2020年2月に上映される《月イチ歌舞伎》すべ
  ての作品にご利用いただけます。
  (『鷺娘 / 日高川入相花王』にもご利用いただけますが差額
  分のご返金はできませんのでご了承ください。)
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

仁左衛門、玉三郎の名舞台が新作としてスクリーンに初登場!

平成21年4月、歌舞伎座さよなら公演で上演された名舞台がついにシネマ歌舞伎化。
上方和事の代表的な作品を仁左衛門演じる若旦那伊左衛門と玉三郎演じる傾城夕霧という歌舞伎界きってのゴールデンコンビでお贈りする珠玉の時間をお楽しみください。

放蕩の末、家を勘当された藤屋伊左衛門は、紙衣姿に零落しながらも恋人の夕霧に逢いたさに、阿波の大尽が餅つきをして騒ぐ新町の吉田屋へやって来ます。
吉田屋の主人喜左衛門、おきさ夫婦の情けにより、座敷へ通された伊左衛門。
やがて夕霧が姿を見せると、伊左衛門はすねてつれなく当るので、太鼓持豊作がふたりをとりなします。
伊左衛門が機嫌を直すところ、番頭清七が勘当が解かれた旨を告げにきて、晴れて伊左衛門と夕霧は夫婦となるのでした。

  • 10/17
  • 10/18
  • 10/19
  • 10/20
  • 10/21
  • 10/22
  • 10/23

2019 10/17 (木)

上映時間はまだ決まっておりません