作品紹介

公開予定

[字幕]ROH / コッペリア

[Sub]ROH / Coppelia

(C)ROH, 2019. Photographed by Bill Cooper.

監督
キャスト
レイティング
製作国
本編時間 177
字幕・吹替 ODS
上映情報 2020年8月21日(金)〜8月27日(木) 1週間限定公開
【東宝東和:配給作品】

特別料金:一般 3,700円、学生・障がい者手帳をお持ちの方 2,500円
※サービスプライスや各種割引の適用:不可
※招待券等の無料鑑賞券の使用:不可

ストーリー / 解説

『コッペリア』はE.T.A.ホフマンの小説「砂男」を原作とし、1870年にパリ・オペラ座で初演。美しい人形コッペリアに恋したフランツとその恋人スワニルダ、そしてコッペリアを生み出したコッペリウス博士が織りなす、ロマンティック・コメディ。英国ロイヤル・バレエで踊られているのは、バレエ団創設者ニネット・ド・ヴァロア版で、1954年の初演からレパートリーとして大切に踊られてきた。クラシック・バレエの技巧からコミカルな人形振り、民族舞踊までちりばめられ、ドリープ作曲による美しいメロディと共に、幅広い世代に愛されている。マリアネラ・ヌニェスのコメディエンヌぶり、ワディム・ムンタギロフの華麗な超絶テクニックは必見。
尚、特別映像の中にはデビュー時のヌニェスの姿が映るが、その時主役スワニルダ役を演じたのは吉田都だった。



発明家のコッペリウス博士の家の窓辺には、本を読む美少女コッペリアの姿がある。フランツは彼女のことが気になって仕方ない。フランツの婚約者スワニルダはやきもちを焼くものの興味津々。友人たちと人形たちが並んだコッペリウスの工房に忍び込む。そこでコッペリアも実は人形であることを発見するが、帰ってきたコッペリウスに見つかって追い出される。スワニルダは一人隠れてコッペリアに変装する。やはり忍び込んだフランツにコッペリウスは一服盛って眠らせ、彼の魂をコッペリアに乗り移そうとする。スワニルダは息を吹き込まれたコッペリアのふりをする。コッペリウスの騒動が一段落すると、恋人たちは村の広場で祝福され、結婚式を挙げる。

  • 08/11
  • 08/12
  • 08/13
  • 08/14
  • 08/15
  • 08/16
  • 08/17

2020 08/11 (火)

上映時間はまだ決まっておりません