作品紹介

上映中

[字幕]MET ガーシュウィン 「ポーギーとベス」

[Sub]MET Gershwin <Porgy and Bess>

©Paola Kudacki / Metropolitan Opera

監督 ジェイムズ・ロビンソン (演出)
キャスト エリック・オーウェンズ/エンジェル・ブルー/ゴルダ・シュルツ/ラトニア・ムーア/デニース・グレイヴス/フレデリック・バレンタイン
レイティング
製作国 アメリカ
本編時間 224
字幕・吹替 METライブビューイング
上映情報 2020年4月3日(金)〜4月9日(木) 1週間限定上映
【松竹:配給作品】

特別料金:一般 3,700円、学生・小人・がい者手帳をお持ちの方 2,500円
※サービスプライスや各種割引の適用:不可
※招待券等の無料鑑賞券の使用:不可
オフィシャルサイトはこちら

ストーリー / 解説

心に染みるメロディで歌い上げる黒人たちの愛と哀しみ!天才ガーシュウィンが生んだアメリカ国民オペラの名作!


体の不自由なポーギーが命がけで恋した美女とは?
アメリカ南部の港町の片隅で、つましくも陽気に生きる黒人たちの愛と哀しみ。
<サマータイム>をはじめ心に染みるメロディの数々、けだるいジャズの香り、ヴィヴィッドな合唱に彩られたガーシュウィンの名作が、30年ぶりにMETの舞台によみがえる!
魅惑の新スター エンジェル・ブルーと、存在感抜群の大歌手 エリック・オーウェンズの顔合わせはまさにドリームカップル。ジェイムズ・ロビンソンのエキサイティングな演出や、カラフルな衣装にも注目だ。


1920年頃のチャールストン、海岸沿いにある黒人たちの集落。
腕っ節自慢のクラウンは、サイコロ賭博の最中に仲間のロビンズを殺し、逃亡する。
置き去りにされたクラウンの情婦ベスは、前から彼女を想っていた足の不自由なポーギーにかくまわれた。やがて2人は恋仲になる。
沖にある離島に隠れていたクラウンは、ベスを諦めてはいなかった。ポーギーは、ベスとよりを戻そうと家に忍び込んだクラウンを乱闘の末、殺してしまう…。

2020 04/06 (月)

…販売中…残りわずか…WEB販売対象外(販売前 or 販売終了)…窓口販売のみ

[字幕]MET ガーシュウィン 「ポーギーとベス」

[Sub]MET Gershwin <Porgy and Bess>

2020年4月3日(金)〜4月9日(木) 1週間限定上映

特別料金:一般 3,700円、学生・小人・障がい者手帳をお持ちの方 2,500円
※サービスプライスや各種割引の適用:不可
※招待券等の無料鑑賞券の使用:不可

10:00〜13:50

スクリーン01

販売終了